特撮ヒーロー番組を見る大人は、幼稚だという批判がよくある。

確かに大人が個人的に特撮ヒーローものを見ていると言えば、普通の光景とはいえないとは思う。

それを殊更に「幼稚だ」という批判投稿も多い。

しかし我々大人の特撮ファンが、ヒーローに声援を送ったり、怪人などに怯えながら見ている訳が無い。

特撮ファンは、作品を評価するために、子供の頃の記憶を思い起こしながら見る事はあっても、それが作り物である事は(当たり前だが)承知である。

その上で特殊技術の効果による評価、研究や、役者、スーツアクターの演技力、努力による成長を楽しんでいるのである。

当然、疑似的に子供心を呼び起こし、作品そのものを味わう楽しみ方もしている。


それを批判する者に、大人らしさ、子供らしさとは何なのかと問いたい。

特撮を見ない大人でも、例えば他人の迷惑も考えずに、平気でカッコつけのために無謀運転をしたり、人目もはばからずにキレて騒いだりしている者が、いくらでもいるではないか。

特撮ファンであるか否かは関係なく、大人になれない大人は存在するのである。