しばらく話さなくても

日本語を忘れることはないだろう

はて、なぜ私はこの文字を操ることができるのか

 

ゆるやかなまるみをおびたひらがな

(もっともやさしいので好きだ)

(書いてみて気付いたが、ゆるやかなまるみというひらがなは

軽やかで素晴らしい響き。ここで記事タイトルに採用)

 

角張った厳格な漢字

ヨクワカラナイカタカナ

 

もしも私が 海外の人で

アラビア語かロシア語かチェコ語か

なんでもいいけど言語を学ぶとしたら

日本語は選ばないとおもう

〈お〉と 難しいほうの〈を〉 など

大パニック必至である

 

こんな文字を母語にしていて

儲けもんだ

ふと読書の最中に考える