president.jp

タイトルを見て

「なんでやねん!?」

と、ツッコミを入れた方もいるかと思います。

 

もちろんケースバイケースです。

ある程度英語力に自信があってアウトプットを伸ばしたい方。

こういう方はネイティブ講師を相手に会話力を身に着けるべきです。

 

上記の記事にもありますが、

英語を日本人講師から習うべきなのは、

 

「英語習得の正しい過程を理解しないまま

どれだけ英語を勉強してもなかなか英語力を伸ばせない方」

 

です。

 

そしてこの日本人講師は、

「英語習得の正しい過程を知っている日本人講師」

ということは言うまでもありません。

 

母国語が日本語であるがゆえに、

英語とのギャップに悩むことは多いはずです。

 

こういった悩みを理解しているネイティブ講師は少なく、

どれだけ彼らネイティブ講師が優秀で丁寧に教えてくれたとしても、

この悩みを直接的に解決してくれる期待はできないのです。

 

英語を習う際に「日本人かネイティブ講師か」で決めかねている場合は、

ご自分の悩みや英語習得度合を鑑みて、ご自分に合った講師を選んでみてください。